福岡のデザイン事務所 | エスグラフィックス





[コラム]“愛されるブランド”を育むデザインの話
vol.2 感情を動かすコミュニケーション


vol.1で「ブランド」と「価値イメージ」について少し述べましたが、
それについて少しかみくだいて考えてみたいと思います。

■ 小さくなった機能の差。その差でものは売れるか
ちょっと極端な例をあげてみましょう。
人気のミュージシャンは、ライブで「イエー」と叫べば、多くのファンが同調して「イエー」と叫び返してくれます。
会場でグッズを売れば、販促活動なんかしなくても飛ぶように売れていきます。

「商品は機能が命なんだ」と言う人がいます。
でも「機能でものが売れる時代は終わった」と言う人もいます。
走らない車はないし、冷えない冷蔵庫もない。機能のレベルは拮抗して、その小さな差でものを売るのは難しい、と。
ところで、ライブで売っているグッズに、素晴らしい機能性はあるでしょうか。
そこにある価値イメージ、つまりブランド性という魅力は、ライブのグッズに限った話ではありません。

■ 理性で買う?感情で買う?
俺はビールはスーパードライなんだ、という人。
たくさん種類の商品から、やっぱりこれ、といつものを買っていく人。
車はやっぱりホンダでしょ、という人。
彼らは多少の価格や機能の差をあまり気にしません。
こういう価値イメージの高いブランドは、「価格競争」から一歩ぬけ出し、比較的安定した収益をあげているようです。

実は消費行動は、理性よりも、感情によって行われることが圧倒的に多いと言われているそうです。
食品を買う際、「健康・成分や原材料」よりも「おいしそう・簡単・楽」で決める。
家電を買う際、「機能」を全て把握・検討せずに「格好良い」が決め手になる。
もちろん状況によって、理性的・合理的に購入を決定することも多いでしょう。
しかし、人は視覚的・感覚的イメージをもとに消費行動をとることが意外に多いようです。


コラムイラスト2


もちろん機能性や価格面で理性に訴えることは非常に重要です。
また、素晴らしい優位性をもっている商品は当然強い魅力を持ちます。
しかし機能面は、一時優れていてもすぐに真似をされ、時間とともに埋もれてしまいがちです。
機能面に頼ってばかりでイメージによる訴求をおろそかにすると、状況が安定せず、
見込めるはずの顧客を取り逃してしまうかもしれません。

「この商品、私に合ってる。」「このブランドのここが好き」そんな感情が価値イメージを生み、ブランドを育む。
機能が拮抗し情報の氾濫した現代では、場当たり的ではない、
人の心にしみこみ、根付く、そんなコミュニケーションが必要なのかもしれません。


つづき vol.3「”好き”を生み出すデザインとは」へ >>





福岡のデザイン事務所エスグラフィックスでは、印刷物をはじめとしたデザイン制作を行っております。
福岡はもちろん、全国からのご依頼を承っておりますので、どなたでもお気軽にご連絡ください。