ブログ

髪の毛のきれいな切り抜き方 【Photoshop CC】

Adobe Photoshop CCの機能「境界線を調節」を使用した 髪の毛のきれいな切り抜き方 のご紹介。

フォトショップで人物画像を切り抜いて使用する際、髪の毛を切り抜くのって難しいですよね。
きれいにまとまった髪なら「パス」で切り抜けば良いのですが、風になびく髪や整髪料で動きのある髪だと、どうしても多少不自然な印象に。

フォトショップCCになる以前は「抽出」「境界線を調節」が髪や細かい箇所を切り抜くのに便利な機能だったんですが、フォトショップCCでは「選択とマスク」と名称を変えています。

それではその「選択とマスク」で髪の毛を切り抜く方法の一例をご紹介。

 

 「選択とマスク」を利用した
髪の毛の切り抜き方法

今回はこんな感じの画像を用意しました。

01

やはり背景がごちゃごちゃしていない方が切り抜きやすいです。

 

1.髪の毛は周辺をザクッと、
切り抜ける部分はきちんと切り抜く

まず背景を複製し、複製した方のレイヤーを選択。背景レイヤーは見えないようにしておきましょう。

次にパスで下記のように切り抜いたら選択範囲に変換。

02

 

2.「選択ツール」を選んで「選択とマスク」をクリック

「選択ツール」以外でも選択範囲に関するツールならOKですが、それらツールを選ぶと上に「選択とマスク」という項目が出てくるのでクリック。

03

 

3.ここからが本番。余分な背景だけを消していく

「選択とマスク」のウィンドウに切り替わったら、左のツールバーから「境界線調節ブラシツール」を選択。
その上の「+」と「-」は「+」のまま、適度なブラシサイズを選んだら、背景の余分な部分を消すようになぞっていきましょう。(ちなみに「-」は反対に、消した部分を元に戻すような機能です)

04

↓もう一息…

05

↓全部できたら「OK」をクリック。

06

すると元の画面に戻って、完成した選択範囲でマスクをかければOK。
きれいに切り抜けましたか?
画像の質や背景など、その元画像の内容によってきれいに切り抜きやすいものとそうでないものがありますが、かなりお手軽に細かい部分を切り抜くことができました。

 

4.せっかくなので調節と加工、合成を

仕上がりがわかりやすいように背景にイメージ画像を合成してみました。

07

あと、肌をきれいにして、髪の毛もよりきれいに見えるように少しだけ加工と調節をしています。

「選択とマスク」で切り抜いた後、細かい部分の髪が白っぽくなって見えずらかったり汚く見える時は、切り抜いたマスクを利用してその部分に少し髪と近い色をブラシでのせてあげるときれいに見えることもあります。

また、汚く見える細かい部分で不要な箇所は、バッサリと切り取ってしまっても良いと思います。

 

  微調節は「クイック選択ツール」でも

少し背景が見えていて違和感が…という時には、「選択とマスク」のウィンドウで「クイック選択ツール」「-」で使用して微調節が可能です。

↓これ
09

 

↓画像中央、白っぽい毛の背景の、暗い部分が見ています。

12

「クイック選択ツール」「-」にしてその部分をなぞると…

11

余計な部分が消えて、自然な仕上がりに!

 

切り抜きと合成のビフォーアフターワンちゃん版

↓ビフォー

10

↓アフター(合成後)

13

 

この「選択とマスク」、切り抜きや画像合成の大きな助けとなってくれますので、ぜひ試してみてください。

奥深いフォトショップの機能…。
この「選択とマスク」だけでも、まだまだ私の知らない効果的な使用方法もあるかもしれませんので、もし何かあれば教えていただけると嬉しいです!

 

つぶやく
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

…必須項目

任意のお名前


*

コメントに使用できるHTMLタグ:....

記事一覧へ