ブログ

フォトショップで肌をキレイに加工する方法(レタッチ)

フォトショップで肌をキレイにする方法 (レタッチ)をご紹介します。

肌の質感を活かしつつ、女性の肌をよりキレイに。
多少のシミやニキビなども一度に美しく。

ぼかしを使ったり肌のレタッチのやり方はいろいろですが、今回はより自然にきれいに見せる「ハイパス」というフィルタ効果を使った方法をわかりやすくご紹介します。

結構簡単です。フォトショップってすごい。

まずは加工前と加工後の比較です。

hada01hada09

それでは加工の手順を!

1.フォトショップで開いた画像の背景レイヤーを複製し、複製した方を「ビビットライト」に変更する。

hada02

こうなる。

hada03

2.同じレイヤーを「イメージ」>「色調補正」>「階調の反転」

hada04

3.同じレイヤーを「フィルタ」>「ぼかし」>「ぼかし(ガウス)」
目など顔のパーツが見える程度になるよう、数値を調節する。
(ぼかしの調節について、詳しくは後述)

hada05

こうなる。

hada06

4.同じレイヤーを「フィルタ」>「その他」>「ハイパス」
目や口などのパーツがぼやけるのは一旦無視して、肌の部分がキレイに見えるよう数値を調節。

hada12

ここからマスクを使って肌の部分を抽出

5.「ハイパス」をかけたレイヤーにマスクを追加。

hada13

6.マスクに対して「編集」>「塗りつぶし」>「ブラック」でレイヤー全体にマスクがかかった状態に。(「ハイパス」をかけたレイヤーが表示されなくなる)

hada08

ここから「ハイパス」でキレイにした肌の部分だけを抽出していきます。

7.同じくマスクに対し、描画色が白の状態で「ブラシツール」を選択。(ぼけたものを選んでください)
目や口などのパーツを避ける感じで肌の部分に対し描画。

hada14

マスクの部分を見るとちょっと気持ち悪い感じに…。
こうすることで描画された白い部分だけ、加工したレイヤーが表示されます。

ちょっとしたシミやニキビの赤らみもキレイに

これでここでの加工は完了!再び、上が加工前、下が加工後です。

hada01hada09

この加工方法の優れたところは、肌の質感(キメ)を保ったまま、キレイにできるところ。そして、ちょっとしたシミやニキビの赤らみなども一度の処理できるところですね。

ぼかしの時の数値次第で肌の質感が変化

上で「後述する」と述べたぼかしの際の数値について。

「ハイパス」の前、ぼかしをかける際、ぼかしの数値が大きくなれば肌のキメがくっきり出て、逆に小さいとよりツルツルな印象になります。

ぼかす程ぼけない、というちょっと分かりづらい感じですが…。

ただ、ぼかし過ぎてもうまくキレイにならないし、ぼかしが小さすぎでもツルツルすぎて不自然に…。数値は実際にいろいろ試してみてください!

上が大きめにぼかした時、下が小さめにぼかした時のサンプルです。

hada10hada11

つぶやく
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

…必須項目

任意のお名前


*

コメントに使用できるHTMLタグ:....

記事一覧へ