ブログ

写真の一部の色を変更する合成方法【Photshop】

Adobe Photshopで 写真の一部の色を変更 する合成方法をご紹介。

今回はしっかりやりこむと意外と難しい、フォトショップでの写真の部分的な色変更の方法。今まで色調補正でやってたけど中々うまくできない、難しい、画像が劣化して見える、という場合にオススメです。

主なポイントは、
・色を変えるのに重用する、レイヤー属性の「カラー」
・効率的にうまく合成するのに欠かせない「レイヤーマスク」の活用
です。

 

まずは「カラー」で大雑把に色を変更

今回はこの真っ赤な服(つなぎ?)の部分だけ色を変えてみます!

c01

1.まず新規レイヤーをつくり、変更後のイメージに近いカラーで全体を塗りつぶす。(今回は青紫)

2.次に(一旦1のレイヤーを非表示にして)色を変える部分を自動選択ツールか、それでうまくいかなければちょっと面倒ですがペンツールで切り抜く。

c03c02

 

 

3.2で選択した範囲で1のレイヤーにレイヤーマスクをかける。

003

すると塗りつぶされた青紫に、選択範囲でマスクがかかる。

c04

4.そのレイヤーの属性を「カラー」に変更。

c06
c15
これだけで遠目で見ればほぼいい感じに。

補足:「カラー」は元画像のレイヤーの色の濃度を活かしつつ色味をそのレイヤーの色に変えます。
なので「もう少し明るくしたい、濃くしたい」という時にはカラー属性のかかった範囲(レイヤーマスクのかかった範囲)で元画像のレイヤーを色調補正してやればOK!(文字にするとややこしい;)

 

あとは「レイヤーマスク」を使って細かい部分を

今回使用している画像は、顔にピントがあたって服は少しボケているため、このままだとよく見ると赤い部分が残っていたり不自然な箇所があるので「マスク」を使って微調整します。

c07
↑よく見ると赤い部分が…

5.「カラー」のレイヤーのレイヤーマスクを選択。ブラシを使用して赤く見えている箇所、青紫がはみ出ている箇所をきれいにしていく。

c16

c08

 

補足:レイヤーマスク上では白で塗りつぶすとその箇所が表示され、黒で塗りつぶすとその箇所は見えなくなります。これを利用して切り替えながらきれいに見えるようヌリヌリしてください。

c09

境界がくっきりしている箇所にはくっきりしたブラシで、境界がボケている箇所にはそれに合った大きさのボケたブラシを使うと良い感じになります。

↓そうすると境界がきれいに。

c10

これを境界全体にやっていくと大体オーケーです。

本当は服の赤が肌に反射した(肌が赤っぽく見える)部分も変更後の服の色に合わせて調節するともっと良いのですが、とりあえずここまでで完成ということで。。。

こんな感じになりました。

c13

 

まとめ

フォトショでの合成のやり方は人それぞれだと思いますが、合成が苦手な方、これから覚えたい方はとりあえず色を変える時の色調補正と今回の属性「カラー」、合成全般には「レイヤーマスク」が非常に便利で、覚えておいて損はありません。

ぜひどうぞ〜。

つぶやく
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

…必須項目

任意のお名前


*

コメントに使用できるHTMLタグ:....

記事一覧へ